FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

そろそろ・・。

こんばんわ~~(´ω`*)

大学の方で課題を出されることが増えてきました。
ただでさえSS描けてないのにこれじゃ・・・OTZ
で、できるだけ早くうpできるように心がけますね。

はぁ・・・。今年で20かぁ~。
ずっと19のままでいたいなぁ~~(´・ω・`)
タバコは何があっても吸わないと思います!というか大嫌いです!
チュウハイは・・・好きです(高校の時にすでに飲んでいたのは秘密)
あ、そうそう。
昨日友達にひじかっくん(ひじをついてる時にひじをはじく!みたいな!w)をしてね、ひじの出っ張ってる所にクリティカルヒットしてね。その痛みが今日も続いてるようです( ´・ω・`;) フヒヒ、計画どおり(`・ω・´)b
いやぁ~あいつのリアクションには吹きましたよwいじりがいがありますなぁ~~ww
さて明日はあいつに何をするかな~~(ヒヒヒヒヒ


本題です!
7500HITありがとうございます!!
そしてSSの続きできました!
今回も前編・後編と別れます(´・ω・`)
では
(*´ω`)っ どぞ

肥育学科 6章 前編 新たな仲間?


安沢目線。
「ふぅ・・・ひぃ・・・・はぁ」
息が荒くなってきた。
歩き始めてからそんなに経っていないのに・・・。
「はぁふぅ・・・。あ、熱いわね・・・。何で皆私を見るのかしら」
歩行者が私をじろじろと見てくる。
そんなに私の事が可愛いのね。
堂々と歩くようにしてみた・・・。
「うぅ・・・やっぱり体が重いわ・・・」
一歩一歩足を前に出すだけで疲れる。
「最近動いてなかったせいね。これから気をつけないと」
とタオルで汗を拭きながら歩いて行く・・・。

正門前。
「ふぅ~、やっと着いわ」
ようやく到着した。
「はぁ。なんでこんなに汗が出たのかしら。うぅ~・・・気持悪い」
制服はびっしゃびしゃになってしまっていて背中に冷たい感覚が伝わる。じめじめして気持悪い。
「うわぁ。タオルがびっちゃびちゃだわ。って・・・絞れちゃう・・・・」
タオルを両手で強く絞った。すると、まるでバケツから雑巾を取り出し水を絞っているようだ。
「はぁはぁ。のどが渇いてきたわ・・・」
タオルを首にかけてポケットからうさぎのチェックが入った財布を取り出して500円を手にした。
おろおろと周りを見渡し・・・。
「あ、あったわ」
そんなに遠くない距離に自動販売機はあった。
「えーーっと・・・。コーラにしましょう」
コーラのボタンを3回押した。下にコーラが出てきた。
「うぐぐ・・よっと」
ゆっくりとコーラのペットボトルを手にしてキャップを開けた。
「ごくごくごく・・・っぷはぁ~~♪」
音を立てるようにコーラを一気に一本飲み干した。
「のどが渇いた時はコーラに限りますわ」
するとお腹の中から何かが来る感覚がした。
「げぇっぷ。はっ!いけない・・・・癖で・・・・」
いつも家で出していたゲップを出してしまった。
一気に顔が赤くなったのが自分でもわかる。
「あ、安沢さんだ。おはよぉ~」
後ろから秋さんの声が聞こえた。
振り向くと何故かニヤっとしていた。
「ごきげんよぉ~。秋さん?どうしたの?」
「ん?いや、なんでもないよぉ~。ほら久し振りだしさ」
「あぁ・・・。そうね、学校に来るのお久し振りでしたね~」
明らかに動揺している様子だった。何か私おかしいかしら?
「だね。さぁ行こう!もうすぐ時間だよ!」
「あ、そうね!」
私は一気に残りのコーラを飲み干して彼女の後に続いた。


秋目線。
今日は安沢さん来るかなぁ~~♪
今日もそう思いながら登校路を歩いていると
「ん?あれは?」
前方の自動販売機にやたら体がデカイピンク色の髪の女の子がいた。
「もしかして安沢さんかな?」
気づかれないようにこっそりと近づく。
安沢さんだ!うわぁ~ここまで太ったんだぁ~~♪
ざっと見ただけで普通の女の子の3倍はありそうな横幅に後ろから見える程の背肉。
私達より太ってて・・・可愛らしいお肉♪
自然と笑顔になる。私はできるだけ自然に接しようと心に決めて。
「あ、安沢さんだ。おはよぉ~」
私の声に彼女が振り返った。
おぉー!顔にもたっぷりとお肉ついてるぅ~♪
「ごきげんよぉ~。秋さん?どうしたの?」
いけない!平常心平常心・・・。
「ん?いや、なんでもないよぉ~。ほら久し振りだしさ」
「あぁ・・・。そうね、学校に来るのお久し振りでしたね~」
ごまかせたかな?
「だね。さぁ行こう!もうすぐ時間だよ!」
「あ、そうね!」
私は逃げるように正門に入った。
その途中に彼女の方を見る。
おぉーー♪全身の贅肉がぶよぶよ揺れてるぅ~~♪
巨大な制服の下で盛大に揺れまくる贅肉を見て私は興奮してきた。
「あの薬の効果ってあれからどうなるんだろぉ・・・」
と思いながら真央ちゃんが待つ体育館裏へ向かった。

「ごめ~ん、遅くなっちゃった」
「もぉ、時間はしっかり守ってよ!」
「ごめんね。今日安沢さんを見たよ~」
「おぉ!本当!?」
それを聞いた真央ちゃんは目をキラキラとさせてこっちを見てきた。
「うん!私達がでぶった時より大きかったよ~」
「あの薬の効果は絶大だったのね」
ふと質問したい事を思い出した。
「あ、真央ちゃん」
「ん?何?」
キョトンとする。
「あの薬ってこれからどんな効果が出るの?」
と聞いた。すると彼女は腕を組んだ。
「実は・・・まだ分からなくなったのよ・・・・」
驚きの言葉が出た。
「え!えぇーー!?」
「ちょ、声が大きいわよ」
「あ、ごめん。それってどういう事?」
「私の計算だともうこの頃になったら自分が急にデブった事に気づいてショックを受けるはず・・・。だけどそんな様子は
無かったんでしょ?」
「うん。そうだね」
「これだと計画がずれるわ」
「で、でも。あそこまで太れたからまぁいいんじゃない?今後どうなるかわかんないしw」
「まあそうね・・・。一応観察って事にしましょ」
「さんせ~い」
すると真央ちゃんは腕時計を見た。
「もう時間ね。急いで教室行くよ!」
「うん!」
私達は急いで教室へと向かった・・。

ギリギリ間に合った。
「間に合った。・・・うわ、本当ね・・・」
真央ちゃんは安沢さん達を見てそう呟いた。
「すごいよね。だって椅子がもう折れそうになってるよw」
「どうなるか見物ねw」
「うん!」
椅子の3倍もの体を無理やり机に押し込んでいる姿はすごい光景だった。
本人はどう思ってるのかな~。
彼女らが気になりながらも、朝のHMが始まった。

「ふぅ~やっと終わった~~。」
午前中の授業が終わった。私は背伸びをした。
「そろそろ正午だね。ちょっと話しかけてみる?」
「うん、そうだね」
席を立って安沢さん達に近づく。
一体どんな反応するのかな・・・・。と不安な部分もあったがワクワクする気持ちもあった。
「安沢さん、すごい汗ですね~。大変でしょう?」
え?真央ちゃん?そんなにストレートに言っちゃうの?
戸惑っていると彼女は小さくため息をついて
「そうですわね・・・。私達こんなにデブですから・・・。ごめんなさい迷惑かけちゃって」
「「!?」」
え?えぇーー!?
私は真央ちゃんの耳元で
「これってどういう事?」
「さ、さぁ・・・わかんない」
どうやら真央ちゃんも戸惑っている様子。
「え?いや、迷惑じゃないけど・・・」
あんなにプライドが高い安沢さんが何故か誤った。性格が変わったのかな?
すると、彼女が自分の段になっているお腹をぶよぶよと揺らし始めた。
「ほら・・。気持悪いでしょ?こんな私嫌いでしょ?」
よく分からない事を問いかけてくる。私はゆっくりと口を開けた。
「ううん、気持悪くなんかないよ・・・。ほら、触るとこんなに気持ちいいじゃない」
そのお腹はぷよぷよとして餅のように柔らかくて弾力のある肉質だった。
少し照れている様子の安沢さん。
「え?・・・・でもこんなに太ってるし。みんな私見るし・・・・」
「安沢さんは可愛いよ!デブだからって落ち込んでたらダメだよ!自信を持って!」
私は自然と彼女の手を握っていた。贅肉の付いた指は握るだけで柔らかい感触が伝わりそして暖かい。
「本当?私って可愛いの?」
小声で私達に問いかける。
私は強く頷く。
「うん!可愛いよ♪安沢さんのお肉も♪」
それを聞いた安沢さんは満面の笑顔をした。
「ありがとう・・・。秋さん・・・」
目からはうっすらと涙が出てきた。
よく分からないけど、これでよかったんだよね?
「いえいえ♪これからは友達として・・・・。よろしくね?」
私がそう言うと真央ちゃんもニコっとほほ笑んだ。
「ありがとう」
笑顔の安沢さん・・・。可愛い・・・・。
と素直に思った瞬間だった。


いつもの如く誤字があるかもしれません。暖かい目でみてやってk(ry
後編はおそらく新キャラが出るかも~。
ん~、「肥育学科」いつ終わるのかな?てヵ終わるのかな?ww
皆さんがご期待していらっしゃるのならできる限り続けて行きたいと思います!
ではでは~☆

2009/05/15 00:04 | 肥育学科(打ち切り)COMMENT(3)TRACKBACK(0)  

コメント

いや次回がたのしみです♪タクさんへ
中間テストが終わったらピクシブの掲示板書き込みさせてもらいます。
他の絵師の人ともしゃべりたいし♪
そろそろ失礼します。
お互いに人生頑張っていきましょい!
それでは♪

No:156 2009/05/17 09:47 | マーダンブラッド #- URL [ 編集 ]


マーダさんへ

次回が描き終えるまでまったりと待って下さいね~。

掲示板への書き込み。
どぞどぞw描いてもらっておkですよ~~。

他の絵師さんとの交流はたまに開いている肉系の絵チャに参加するのもいいと思いますよ。僕も開いて多数の同志様とお会い出来ましたから♪(会えるかは日によりますがね。。)
もっともっと同志様が増えてほしい物です!!

No:157 2009/05/17 18:18 | tak #- URL [ 編集 ]


はじめまして

肥育学科いつも楽しいませてもらってます。
秋さんの変貌ぶりも良いですが一番好きだったのは薬を開発している真央さんです。
欲望が暴走してこっちも楽しませてもらってます。
安沢さんの肥育っぷりは凄いです。
しおらしくなってかわいいです。
新たな仲間ができたみたいで効率アップするんじゃないですか。

関係ない話なんですけど今朝目が覚めてびっくりしました。
いつもケータイで見てるんですがサイトにアクセスしたら現在楽識さんのサイトに繋がりました。
寝ぼけて変な操作したんでしょうね。
それはともかく続編楽しみにしてます。

No:163 2009/05/20 11:36 | カイ #29lBHWEs URL [ 編集 ]




管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。